少し前から話題になっているチアシードの食べ方

少し前から、「チアシード」と言う言葉を聞いたことが、一度はあるのではないでしょうか。
チアシードとはスーパーフードの中の1つで、見た目は小さなゴマのような食材ですが(ホワイトとブラックがあります)、実はその中に、驚くほどの栄養分が含まれていることで、スーパーフードと呼ばれています。
大きな特徴として、お水などに10分間ほど浸けておくと、10倍ほどに膨らみます。ゴマのような粒の周りを、ゼリー状のものが包み込みますので、とても面白い触感を感じることが出来るでしょう。
ですのでこのスーパーフードは、ダイエットの食材としてよく用いられます。
食べ方としては、100%のフレッシュジュースなどにいれてもおいしくいただけますし、ライチやマンゴーなど、南国系のジュースに入れて飲んでも、もちろん相性抜群においしくいただけるでしょう(チアシードの原産国が主に南国になります)。
このように、お水に入れて膨張させて頂いた方が、満腹感を得られて、朝の置き換えダイエットなどに効果的かと思いますが、どうしてもあの独特な触感が苦手という方は、そのままでも食べれるようになっていますので、安心でしょう。
触感は、本当にゴマを食べているかのようですので、サラダにそのまま振り掛けて頂くこともできますし、また、ビスケットなどのおやつなどに入れても、おいしく頂けるのではないでしょうか。
従って、ダイエットの美容目的でも頂けますし、健康面で気を使いたい場合にも頂けますので、食べやすく、一度は試してみたい食材となっているのではないでしょうか。